DJ G.

(Liquid Drop Groove / The Sharing)

  • facebook
  • soundcloud

DJ G.が表現する音楽を一言で表すならば低めから土臭く攻めてくる「肉食系Techno × PsychedelicTechno」。その世界観は、深みと哀愁あるトランシーサイケデリックテクノを代名詞とし、Techno、TechHouse、DeepMinimal、HeardHouseといった中から“走る”トランシーエレクトロミュージックの最先端を取り入れつつボーダーレスな選曲センスも独特であり、常に攻め続ける土臭いグルーヴ感は、一度喰らうと忘れることが出来ない。
現在、「第一線で世界を渡る日本人テクノトランスアーティスト × 他ジャンル他業界の掛け合わせ=独創的コンセプト」で完全なる独自路線のブランディングが注目されている『ザ シェアリング』のレジデント兼オーガナイザーであり、そのバックグラウンドは、1990年代終わりから2000年初頭、トランスバブルとも言われていた時代に、知る人ぞ知るパーティとしてコアなファンに異常な盛り上がりをみせ、当時の国内外アーティストを多く招聘しワールドワイドにそしてジャンルレスな展開で2002年より突き進んだ『On-jin』主宰にある。
また、令和元年からは、世界を股に掛けるYUTA率いるサイケデリックテクノレーベルLiquid Drop Grooveへ所属。時代の流れと共に『On-jin』から『ザ シェアリング The Sharing』へと移り変わり、そして『Liquid Drop Groove』の波紋が入り混じり進化したDJ G.の勢いは止まらない。

His music is best described as "carnivore techno x psychedelic techno" with a deep and primeval vibe. He takes you on a journey to a world created by deep and melancholy trancie psychedelic techno, while introducing the latest "drifting" trancie electronic music from techno, tech-house, progressive techno and deep minimal. His unique borderless selection of choons has a funky aggressive swagger that always promises to be an unforgettably bangin’ set. 

 

He is the resident DJ and creator of "The Sharing (Japan)" which is raising attention for its unique branding for "creative concepts = hybrid of the world’s top Japanese techno/trance artists and other genres and fields." His background is as the creator and organizer of "On-jin (Japan),” which started in 2002 and was well known and extremely popular with those in the know for its genre-less music performed by domestic and world-wide artists. From "On-jin" to "The Sharing,” and now fusing with "Liquid Drop Groove (Japan)" (the major label in Japanese psychedelic techno, led by YUTA), DJ G. is an evolving force on the scene. 

© 2016 LDG

  • twitter
  • facebook
  • Instagram